ストーリー

北海道イングリッシュチャレンジ(HEC)

北海道イングリッシュチャレンジ(HEC – Hokkaido English Challenge)とは中学生と高校生向けの英語能力試験やイングリッシュキャンプです。生徒に英語のコミュニケーション力を上達させる動機付けとして、1994年にJETプログラムの参加者に創立されました。創設者は外国語指導助手(ALT)と対話しながら、生徒達の自信や英語力は上がれるようになると願っていました。HECのテストやキャンプは英語でコミュニケーション取りながら海外の文化を学べる特殊な機会です。

HECのテストは習った英語を活用できる機会です。テストを受ける際にALTとコミュニケーションを取りながら、英語発想力を培ってされます。

HECキャンプとはオールイングリッシュ体験です。キャンプスタッフ、ボランティア、参加者の皆にキャンプ開催中、できるだけ英語を使われています。参加者はお互い同士日本語を使わないよう勧めされます。日本本土から一歩出さずに、一週間の英語圏での留学と一番近い体験をただで体験できます。

キャンプに参加する上、高校部門で1位を獲得した生徒にカナダ、オーストラリア、ニュージーランドの中でほとんど無料の留学を授かります。

キャンプ参加経験者は、ボランティアジュニアレーダーとして誘われています。更に、中学部門のテストを受けた生徒は、高校部門のテストを受けるもできます。

HECの目的

    HECは北海道の中高生の英会話力向上のきっかけとなるよう、1994年JETプログラムの参加者によって設立されました。HECに参加するだけで英語でのオーラルコミュニケーションのスキルアップにつながり、さらにこの経験を通して、生徒は自分への自信を深めることができます。

HECの運営

  HECはボランティアの手によって全て運営・実施されています。HECは語学指導等を行う外国青年招致事業(JETプログラム)の自主サポート団体であるJET参加者協会の北海道支部(HAJET – Hokkaido Association for Japan Exchange and Teaching 和訳:北海道外国青年招致事業参加者の会)と北海道庁に後援されています。キャンプの運営や入賞者へ賞品・賞状なども含め、参加費や皆様方からの寄付金などの募金活動から成り立っています。毎年HECを開催できるように、北海道外国青年招致協会(HAJET)と北海道のALTが協力し、様々な募金活動を行い、ホームステイやキャンプの実現に繋げています。